スキンケアTips Vol.3適切な洗顔方法とは

毎日の習慣になっている洗顔。皆さんどのように、どんなものを使用して洗顔していますか?今はいろんな種類の洗顔がありますが、まずは根本に戻りなぜ洗顔が必要か、どのように汚れが落ちるのか等、基本をお話したいと思います。流行の商品や成分、使い心地でクレンジング剤を選ぶだけではなく、自分の肌には何が必要か、見極めていきましょう。


朝と夜のお肌

基本的にはお肌は排出器官です。日中は紫外線やエアコンなど肌にとって大きな負担となる環境から守るべく常に気を張った状態です。細胞間が情報を伝達し、お肌は戦闘モード。反対に夜はリラックス、いらないものを排出し、肌がきちんと代謝を行い、翌朝つるりと新しい肌に生まれ変わるための大切な役割を果たしています。なんと言っても美肌にとって日中一番大切なことは「紫外線防御」。夜寝る前には日中に蓄積した汚れをきちんと落としきる「洗顔」、そして、肌が上手く代謝できるようサポートするのが「保湿」です。




【お勧めの洗顔ステップ】
クレンジングクレンジング剤の選び方は以下。

洗浄力強い 洗浄力弱い
オイル クリーム ミルク ジェル


まず基本は①強くこすらない②熱過ぎるお湯を使用しない③1日に何度も洗顔しすぎない。この三つは必ず守ってください。これを守ることで、本来肌に留めておくべき保湿要素が落とされずにお肌の潤いを守ることができます。

今使用している洗顔料で、使用後にお肌がスッキリ、さっぱりとしすぎるものはその後の保湿をしっかり行うなど、乾燥の原因にならないように気をつけましょう。

【お肌の性質】

お肌の表面は基本的にはpH4.5~5.5の弱酸性で外から悪いものが簡単に進入しないようにバリアを形成しています。洗顔料、特に石鹸は洗浄力が高いのですが、アルカリ性のものがほとんどなので、物によっては汚れだけでなく、必要な油分を取り去ってしまう可能性があるのと、アルカリ性に反応してお肌の毛穴が開きます。お肌が突っ張ったり、刺激を感じる方はもう少しマイルドなタイプや弱酸性に近い洗顔料を使用しましょう。

ただ、毛穴がぎゅっと閉じた状態だと毛穴の皮脂詰まりや黒ずみは中々取れませんので、微アルカリ性の洗顔をお選びになると良いでしょう。また、パウダータイプで酵素配合の洗顔料を使用すると酵素の力で頑固な毛穴詰まりの解消を助けてくれるでしょう。

【ドロの力】

皆さん1度は聞いたことがあるでしょうか?ドロ洗顔。日本でも今いくつか市場に出ていますが、ドロ洗顔のメリットをご紹介したいと思います。

ドロには2種類のタイプがあります。

カオリン・・・球体のドロ成分でお肌の上でころころと転がるうちに球体のくぼみ部分に汚れを吸着。

ベントナイト・・・ミルフィーユ上になっており、その隙間隙間に汚れを吸着。

ドロの性質として、「汚れだけを吸着し、水分を保持するので潤いを保ったまま汚れを落とせる」というのがメリットです。先ほど洗顔で本来落としてはいけないお肌の潤い、保湿要素を奪うことなく優しく洗顔できるのも最大のポイントです。

皆さんもお肌にメリットたっぷりの、ドロ洗顔試してみてはいかがでしょうか?